日程 フェニックスの2019福袋

昨年度は、2018/1/1(月)元旦0時より福袋予約開始

フェニックス2019福袋日程は、入手次第公開

フェニックスの福袋予約手配はこちらです
 

フェニックスとは

フェニックス公式サイトは、4つのブランド人気スポーツ・アウトドアブランドを取り扱っています。それぞれの特徴をご紹介しておきましょう。

まずフェニックスですが、元々は1953年に株式会社鳳商会として設立され、その後、フェニックスと社名を変えました。

当初から日本でスキー用のウェアを扱っていて、その時代では最新の生地であるナイロンを使用してスキーウェアを作り、国内有数のスキーウェア製品となりました。

また、最近では、スキーウェアに加えてアウトドア用の製品のフェニックス、スポーツウェアのカッパなどの製品も海外のメーカーと提携して日本の店頭に並べるようになりました。

フェニックスの製品は、どれもが最先端の生地を使用する事により優れた防水、透湿性などのある物を製造していますので、他のメーカーの製品に比べて品質も良く、アウトドア用としての果たす役割は大きいです。
 

カッパは、イタリアで1950年代にできたスホーツ製品のブランドです。カッパは、ギリシャ文字のκからとりました。κは、手のひらくんで天にむかって勝利を祝っているような姿をしているのでスホーツブランド名につけられました。

特に、ACミラン、バルセロナ、ドルトムントなどのサッカー中心に運動着として使用されています。

日本では、1983年フェニックス社がカッパを作っているMCT社と技術面で提携したので、カッパ製品を店頭に置くことができました。最新の生地材料をウェアに取り入れているので、様々な機能を発揮します。
 

カッパの派生ブランドであるカッパ ゴルフは、イタリアのトリノにできたカッパのスホーツウェア、特にゴルフウェアの世界でも使用している人が多いブランドのひとつです。

ゴルフウェアとして使用する他に、普段着や外出用の簡素なウェアのイタリア製品らしい外見があり、スタイルがとてもかっこいいです。色に特色がありウェアを使用するととてもスタイリッシュに見えます。

身に着けた感じは、とてもよく、従来の他のメーカーよりもいろいろな点で優れていて、役に立ちます。デザインもカラフルでよく、イタリアブランドの特徴をよく表しています。機能面やデザイン面から評価が高くハイレベルのスホーツ選手から好評です。
 

インハビタントは、フェニックスの3つ目の日本ブランドとして1999年に開始しました。製造関係者も消費者もフェニックス(住民)であるという事です。

フェニックスは、人から子供までの普段着から運動着を低価格で製造と販売を行っています。

運動着関連では、スケータ用に製造していて、ボード関連ウェアの見栄えが良くプロスポーツ仕立てであり、また、汗の吸収してすぐ乾かす効果がある素材などを使っているのが特色です。

普段着では、ジャケットを着て、食事しに行ったり、日帰り旅行しを楽しんだり、酒を飲みに行ったりと様々な場面で使用できます。

フェニックスの福袋予約手配はこちらです
 

日程 フェニックスの2018福袋(昨年)

2018/1/1(月)元旦0時より開始

Phenix:トレッキングウェア福袋 6種類

Kappa:アパレル福袋 3種類

Kappa GOLF:ゴルフウェア福袋 2種類